おしりかじり虫

おしりかじり虫って何処まで広まっているのか疑問だったのですが、最近は、仕事が忙しくてなかなかTVを見られない人でもおしりかじり虫を知っている人が多かった。
どのようにして知ったか聞いてみると、先生など子供に関わる仕事をしている人やパパ、ママだったら子供や家族に聞いたが1番多かった。
他の方は職場で聞いたり、お店に行ったら流れていたり、丁度TVで見ていたりとふとした時に聞いたと言う人が多かった。
きっと1度聞いたら忘れられない歌なので、その何回かで覚えてしまい、気になってしまうのかもしれませんね。

1度聞いたら忘れないと言われている「おしりかじり虫」。
聞いた事のない人は、きっと本当に1度聞いたら忘れないのかと感じた人も多いのではないでしょうか。
試しに、何人かに曲を聞いてもらったのですが、皆「おしりかじり虫?」・「都会のお尻は苦かった」など単純なフレーズを忘れられないと言う人が多かった。

そして、最近益々人気度が増してきたおしりかじり虫は沢山の着メロサイトがおしりかじり虫の曲をダウンロードする事が出来ます。
またオルゴール専用の着メロサイトなどでもオルゴールバージョンのおしりかじり虫をダウンロードする事が出来るそうですよ。
おしりかじり虫のオルゴールバージョンなんて想像出来ないので、1度聞いてみたいですね。
聞いた事ない方は動画サイトなどでも無料で聞けるので1度聞いてみてはいかがですか。

うるまでるび

いつも、ただ何も考えず「おしりかじり虫」を見ていたのですが、どのように出来たのだろうと疑問に思ってしまいました。
あの面白いイラストや頭に残るような残る作詞・作曲をどのように考え付くのか不思議でたまりませんでした。

かじり虫は全編Flashで手描きしているそう。
でもアニメーションの中で富士山がくるくる回るところはさすがに3Dと思っていましたが、実は手でコツコツと描いたなんてとても感心してしまいますね。
また、歌詞においては、おしりかじり虫などの名前の繰り返しが多かった気がしますが間の歌詞に結構色々かんがえたそう。
「うるま」さん曰く「地震・カミナリ・かじ・り虫」これも考えついたアイディアの一つらしい。
しかし、もし放送中などに地震や大火事が起こってしまうと「配慮」などで放送中止になりそうなのでやめたそう。
そのようなアイディアをお札の大きさぐらいの白紙を大量に作り、その白紙に思いつくままにくだらない歌詞を数百枚以上書きまくったそう。

でもその歌詞を使ったのはその中から7つか8つだったそう。
それでもうるまさんは、楽しかったとコメントしているのが、やっぱり作り手なんだなぁと凄く感動しました。
このように色々な苦心があっておしりかじり虫が誕生したのですが、やはりうるまでるびさんの、ふとした事から作品に変えて行く能力は凄いですね。
おしりかじり虫だけではなく、今まで素敵な作品を作って来た「うるまでるび」さん、これからの作品も楽しそうですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 15:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。